greenfly

企業/サービス名

Greenfly Inc/Greenfly

企業概要

本社:アメリカ・カリフォルニア
設立:2014年

創業者

・Shawn Green氏
スタンフォード大学を卒業後、メジャーリーガーとして14年間4つのチームでプレーをした。その後、Greenflyを創設。
・Daniel Krischner氏
ハーバード大学を卒業後、2001年から4年間ハーバード法律学校で学長を務めた。その後、複数の職歴を経てGreenflyを創設。

資金調達

合計調達金額:$6M
直近の調達:2016年11月10日 $6M / Series A
主な調達先:Corazon Capital, Iconica Partnersなど

サービス概要

・顧客エンゲージメントを高めるためのPR(主にビデオ)が出来るプラットフォームを企業に提供。
・企業は、Greenfly独自の動画作成ソフトウェアにより、簡単に動画作成可能。
・コンテンツ編成や作成の高い技術を持ったスタッフが、動画作成の補助を行っている。
・ユーザーは、企業が最近気になっている事や協力してほしい事に対する反応をアプリ内で動画やテキストを使って行う。
・ユーザーは、企業に対する他の利用者の意見を知ることが出来る。さらに、自分が関わった企業のコンテンツの共有が行える。

ターゲット

・スポーツチームや企業のSNS担当

ターゲットの課題

・PRの動画を作成するのが難しかった。
・作った動画をユーザー(ファンや顧客)と共有する、専用のプラットフォームが欲しかった。

本サービスが狙った業界

・SNS業界
・TwitterやFacebookのように、一方向に情報を発信するSNSプラットフォームが多い。

発想の転換

これまでは、企業が動画の制作やSNS対応を別々にしなければならなかったが、本サービスは動画制作とSNS運用を1つのプラットフォームで提供している。

マネタイズ

・サービスの利用を登録している企業から、利用料金を定期的に徴収する。
・Greenflyの利用によって生み出された利益の一部を、その会社から取り分として受け取る。

考察

日本でも海外と同様にソーシャルメディアを使ってPRを行うスポーツチームが増加しているが、多くはTwitterやFacebookを使ってチームが一方的に情報を発信する事が多い。本サービスのようにチームとユーザーがコミュニケーションを行えるプラットフォームを導入する事で、彼らの結びつきが強くなり、グッズ売り上げやチケット購入などの経済効果が発生すると考えられる。ただ、ファン(ユーザー)との関係性の向上が必ずしも利益の向上とは比例しづらい一般企業にいかに利用してもらえるかが利用企業増加の鍵になりそう。

マーケットアウト度

★☆☆☆☆

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事