tunego_ss

企業/サービス名

TuneGO

企業概要

本社:アメリカ・ネバダ
設立:2013年1月23日

創業者

John Kohl
ITコンサルタントとしての職務経験がある。2013年にTuneGOを作り、ユーザエクスペリエンスを向上させる斬新な技術を用いたサービスを、ストリーミングやソーシャルメディアを活用して提供している。

資金調達

合計調達金額:$5.3m
直近の調達:$3.6m・シリーズA・2016年12月20日
主な調達先:不明

サービス概要

才能がある無名のアーティストが発信した音楽でファンを獲得し、音楽業界の有名プロデューサーとつながり、A&R(アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作など)を利用できるようにするために生まれた。音楽アーティスト、ファン、プロデューサー、他のアーティスト、プロモーター、レコード会社をつなぐマルチ音楽プラットフォーム。アーティストが音楽を発信し、ファンを見つけ、業界の専門家に見つけてもらう。

<アーティスト>発信した音楽でファンを集め、TuneGOスコアを集めることができれば、ラジオ配信、ライセンス契約、音楽出版、プロによる育成サービスなどを受けることができる。

<ファン>新しいアーティストを発見し、支援することができる。他のファンとつながることができる。自分の音楽の好みを共有することができる。

<音楽業界のプロ> 既にファンを獲得している才能のあるアーティストを発掘し、契約を結ぶことができる。

ターゲット

アーティスト、ファン、レコード会社

ターゲットの課題

才能ある無名のアーティストが埋もれたままで、ファンやレーベルが発掘する機会が少なかった。
大手レーベルに所属し、制作・販売・流通にお金をかけられるアーティストのみが業界で成功し、さらにお金をかけて良いクオリティーの音楽を生み出すというサイクルがあった。

本サービスが狙った業界

音楽業界

発想の転換

これまでは、アーティストがレーベルと契約し、様々な音楽活動をそれぞれ行いファンと交流していたが、本サービスは、TuneGOが音楽マルチプラットフォームを、アーティスト、ファン、プロデューサー、業界の専門家、エンターテイメント会社に提供している。

マネタイズ

$14.95/月もしくは$99.00/年のサブスクリプション制

考察

衰退傾向にある音楽業界で、資金力のない無名のアーティストが十分な収入を得ることは難しい中で、このサービスはマルチプラットフォームとしてファンとの関わりも増やし業界全体でアーティストを育成するという新しい試みをしている。レコード会社は動画投稿サイトで有名なアーティストを見つけ、契約を結ぶことは少なくないが、ひとつの音楽プラットフォーム上でアーティストが音楽を発信しファンを獲得し、レコード会社含め業界が一体となって力のあるアーティストの発掘から育成をインターネット上で行うことが新しい。

マーケットアウト度

★★★☆☆

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事