solera-health-inc-_ss

企業/サービス名

Solera Health

企業概要

本社:アメリカ・アリゾナ
設立:2015年

創業者

Brenda Schmidt;アリゾナ州立大学でMBAを取得。ヘルスケアの質の向上と低コストの実現を目指す起業家である。

資金調達

合計調達金額:$12M
直近の調達:2017年1月4日 $5M / Venture
主な調達先:BlueCross BlueShield Venture Partners、Sandbox Industries、SJF Ventures

サービス概要

・政府が促進するDPP(積極的な生活介入による糖尿病予防プログラム)の一環として、Solera Healthが、法人向けに慢性疾患患者向けの様々な予防プログラムの提案を本サービスのプラットフォーム上で行っている。
・法人が登録した社員の中から本サービスが慢性疾患のリスクの高い人を発見し、それぞれにあったプログラムをマッチングさせ、提供する。進捗状況のレポートが本サービスを通して雇用者に届き、患者が一定の成果を出した場合のみ本サービスが支払いを請求し、保険会社などが支払う。その後、提携しているプログラムの提供者に本サービスが支払う。
・3人に1人のアメリカ人(8600万人)がII型糖尿病や他の予防可能な慢性疾患のリスクに侵されており、国の3/4の医療費がかかっており、保険会社や法人にとって大きな負担である。そのため効果的で低価格の治療プログラムを、リスクを抱える社員が利用できるようにするために生まれた。

ターゲット

法人(慢性疾患患者)

ターゲットの課題

・結果に応じての支払いなので、コストを低減できる。(糖尿病を患う社員は約2.5倍の保険料がかかる)
・ROIが高い(糖尿病予防プログラム(DPP)の参加者は、不参加者に比べ、2年で$2277の医療費の節約ができる)

本サービスが狙った業界

保険業界

発想の転換

品質:最新の効果的な糖尿病予防管理プログラム
価格:成果に応じた支払いなのでコスト低減
デリバリー:オンラインプラットフォームでのマッチング
サービス:各自に合わせてカスタマイズ可能でバリュエーション増加

マネタイズ

患者が目標を達成した場合(例:4キロの減量に成功)のみ保険料を支払う。

考察

現在アメリカの医療費総支出の3/4は慢性疾患病であり、政府は慢性疾患の予防医療に力を入れるため、DPPを進めようとしており、その影響もあり、予防医療のスタートアップが増えている。潜在的なユーザーの市場規模は3000万人と巨大ではあるが、今後拡大は可能であるが、自社でプログラムを持っているわけではないので、コンテンツを持つ他社が同様サービスを始めた場合、競合優位性は低い。

マーケットアウト度

★★☆☆☆

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事