seaters

企業/サービス名

Seaters

企業概要

本社:アメリカ・ニューヨーク
設立:2014年

創業者

・Jean-Sebastien Gosuin:ベルギー出身。ナムール大学を卒業後フランスのポワティエ大学院で学び、メーカーの製品開発などを経験、イベントサービス系の会社を10年経営し、現在に至る。

資金調達

合計調達額 $11M
直近の調達 $3M 2017.3.13 Series A
主な調達先 Chris Burggraeve, Michel Akkermans

サービス概要

・チケットが売り切れたスポーツや音楽のイベントのキャンセルなどによる空席を最小限にするために、席を安価で合法に販売するアプリを提供している。
・特にスポーツチームのシーズンチケットの再販を行っている。
・特許を取得した本サービスの技術で空席の再配分を可能にし、違法な転売価格を引き下げることを可能とした。
・チケットの購入希望者は透明性の高い取引で公正な価格で購入することができる。
・空席がなくなったことによりクライアントの収益が最大化し、チケット代の他に飲食やグッズの売り上げ増加によりファンの支出が増え、ローカルビジネスを活性化させスポンサー企業にとっても好影響がある。

ターゲット

イベント運営会社

ターゲットの課題

チケットが完売していても1-10%の空席が発生している現状があった。

本サービスが狙った業界

イベント運営会社

発想の転換

・ハード→ソフトへの転換
これまでは違法に転売されていたり、購入後のキャンセルなどにより当日の空席は防ぎようのないものであったが、本サービスは合法なチケット再販サービスを提供し空席を最小限に抑え、クライアントもスポンサーもwiniwinなサービスとなっている。

考察

・日本でも転売対策とともに急用などで参加できない人向けに公式再販の体制が整いつつあり、チケットボードの運営会社により「定価チケット」という合法で安全に定価でチケットを再販売するサービスが開発された。
・チケットリセールサービスとしてアメリカではSTUBHUBやTicketmasterなどが台頭しているが、出品者が値段を決めることができる点が本サービスとの違いである。
・独自のシステムを導入することで空席率を下げ、スポンサー企業の利益、価値の向上に貢献することに主眼を置いている点が他のサービスとの違いであり、すでにBNPパリバやコカ・コーラなど大企業と提携しているため今後も成長する可能性はある。

マーケットアウト度

★★★★☆

  • この記事をはてなブックマークに追加