entytle

企業/サービス名

Entytle, Inc.

企業概要

本社:アメリカ・カリフォルニア・パロアルト
設立:2014年

創業者

・Vivek Joshi(CEO兼共同創設者):ヴァージニア大学でMBAを取得後、Sun Microsystemsでマーケティングや戦略のシニアVPなどとして勤めた後、現在に至る。

資金調達

合計調達金額:$8.05M
直近の調達:$6M Series A 2017/6/7
主な調達先:Accel Partners, Moment Ventures, Peakview Capital

サービス概要

・BtoB製造業のアフターサービス(修理や管理などの、商品販売後に生じる各種サービス需要に対する市場)において、既存顧客のリピート購入を拡大させるための管理プラットフォームを提供する。
・Insyghtsというソフトウェアが同社が提供する製品。オーダー、コンタクト、サービス履歴、配送履歴、技術サポート履歴、マーケティング情報などをこのソフトウェアで一括管理することによって、売上向上の隙間を自動で探してくれる。

ターゲット

製造業のアフターサービス

ターゲットの課題

これまではアフターサービスは製品の製造・販売とは切り離されて考えていたので売上向上に対して非効率であった。

本サービスが狙った業界

アフターサービス業界

発想の転換

これまでは、アフターサービスは製品の製造から販売までとは別に捉えられていたが、本サービスによって顧客の製品購入後のメンテナンス等の情報を一括管理することで、製品の買い替え時期等の情報を把握することができ、売上機会の創出を図る。

マネタイズ

不明

考察

・近年では製品市場が成熟化したことによって収益性が低下し、アフターサービスを収益向上の大きな要因として考える企業が増えている。
・顧客側も、製品コモディティ化によってより良い製品の所有から製品利用を通じたより良い体験をすることへと目的が変遷しており、製品購入の選択理由においても製品の機能だけではなく、購入後のサービスも重要視するようになっている(デロイト・トーマツ・コンサルティングより引用https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/operations/solutions/scm/aftermarket.html)。
・例として、2012年度の自動車アフターマーケットの市場規模は約12兆112億円であり、規模の大きさが窺える。
・このように、現在市場が成熟化している中でアフターサービスへの関心度・重要性が高まっている中で、顧客と製品に関する情報を体系的に管理し、売上機会の創出につながる同社のサービスのスケールは期待できそうである。一方で、エッジの効いた差別化のポイントがないため、競合が出てきた場合は勝ち抜くことが難しそうだ。

マーケットアウト度

★★★☆☆

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事