aperza01


昨年夏、製造業に特化した新たなオンラインプラットフォーム企業が始動した。その名は「株式会社アペルザ」。業界の構造変革を目指し、製造業向けカタログポータル「Cluez(クルーズ)」や間接資材の価格比較サイト「Aperza(アペルザ)」、ものづくりに特化したメディア「オートメーション新聞」「ものづくりニュース」などの複数サービスを展開している。なかでも、製品カタログが集約された「Cluez」はわずか半年で掲載企業数4,000社の一大ポータルとなっており、注目も高まっている。 今回はアペルザ誕生の経緯、そして、アペルザが目指すプラットフォームの構想を代表取締役社長兼CEOの石原氏に聞いた。

製造業に風穴をあける

ものづくり大国ニッポン。この国の成長を支えてきた製造業は、今でもGDPの2割以上を占める日本の基幹産業だ。車や家電といった最終製品を筆頭に、これらを構成する部品や製造工程で使われる装置など、消費者の目に触れない部分にも大きく裾野は広がっている。

ところが、そういった間接資材はその性質上、優れた技術や製品でも知られずに埋もれているものが多い。消費材のような大々的なプロモーションもなく、分かりやすい公式サイトがあるわけでもない。言ってしまえば、何をいくらでどこから買えるのかが、業界のなかで働いている人にとっても混沌としていて分かりにくい状況になっている。

そこで、あちこちに偏在する製品情報をインターネットという俎上にのせ、誰の目にもオープンにして取引を活発化させようとしているのが、株式会社アペルザだ。

代表の石原氏自身、FA機器メーカーであるキーエンスでの勤務経験があり、製造業を内部から見てきた。業界のあるべき姿についても我が事として考え、打ち破るべき壁はこの業界の構造と見定めたのだ。

 

つくりたいのは日本のものづくりを発信する場

石原氏はキーエンス在籍時には社内ベンチャーとして、今では国内最大の技術サイトとなっている「iPROS(イプロス)」を立ち上げた経験を持つ。業界をインターネットで変えられるという手応えもつかんでいた。今回、アペルザで目論むのは当時できなかったグローバルプラットフォームだ。

キーエンス退職を機に、製造業を離れていた石原氏は、その間に中国発のマッチングサイトAlibaba上場のニュースを知り、危機意識を募らせたという。

「Alibabaに掲載されている商品の大半は中国製品。見方によっては、中国製品を世界に向けて発信しているようにも見える。グローバル化が進み、製造業にも否応無しに海外展開が迫られるなかで、日本にそれを支える仕組みがあるだろうか。アメリカにはAmazonがある。でも、日本には迎え撃つプラットフォームがない」 日の丸プラットフォームが必要だと感じた。だが、業界内にそういった動きは一向に見えない。自分がやらなければと、創業を決意した。

事業の全体像として構想したのは、製造業従事者の購買プロセスをトータルでサポートするストラクチャーだ。情報収集→製品の比較検討→購入先の比較検討という流れに合わせ、専門特化したメディアや価格比較サイトなど、さまざまなサービスを揃えた。

aperza02

求められていたのは究極にシンプルな仕組み

製造業従事者の業務を観察した上で、まず注目したのはカタログ。製品購時以外にも社内資料への添付など、使用頻度が高い。
そこで、誕生したのが、登録すれば誰でも無料でカタログがダウンロードできるサービス「Cluez(クルーズ)」だ。

bizna_imageb

▲約4,000社のメーカーが出展し、すでに10万人規模の会員が利用している


ダウンロードに特化したのには理由がある。それが求められていたからだ。
たとえば、自社の製造業務に最適な産業用ロボットを選定するとした場合、比較検討すべき項目は多岐にわたる。

この業務をITで支援するというと、まず思い付くのは選定項目で製品を絞り込むことができるスペック検索だろう。しかし、実際やってみるとPC上で細かな仕様を見比べるのは難儀だ。実際に、ユーザーを注意深く観察してみると20人中20人が紙のカタログを用いている。

一方、カタログを掲載するメーカー側も、見込み顧客に知ってもらえる機会は歓迎するが、細かな情報を入力する作業負担がどうしても日常業務にとり紛れてしまう。
そこで、カタログPDFのアップロードだけでOKというスタイルに変えたところ、出展企業数は急増。日に日に掲載カタログも増え、現在1万2000点を超える。 想定を上回る反響に社内ではうれしい悲鳴だという。

結果的にシンプルな形態に落ち着いたが、ただのダウンロードサイトでは終わらない。製造業を知るアペルザならではのこだわりもあった。
(後編へ続く)

Aperzaへの転職に興味がある方、キャリア相談したい方は、エムアウトキャリアからご応募ください。
株式会社エムアウトキャリアはBizna運営会社の株式会社エムアウトのグループ企業です。


スタートアップ転職をご希望の方へ

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事