numerated_ss

企業/サービス名

Numerated

企業概要

本社:アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
設立:2017年

創業者

・Dan O’Malley(CEO):Priceton Universityを卒業後、Oliver WymanでコンサルタントやEastern Bankでチーフデジタルオフィサーを勤めた後、現在に至る。

資金調達

合計調達金額:$9M
直近の調達:$9M Series A 2017/5/16
主な調達先:Crosslink Capital, FIS, Hyperplane Venture Capital, Venrock

サービス概要

・同社は銀行の売り上げを伸ばすための経営管理プラットフォームを提供している。
・本サービスの主な機能は3つある。1つ目は融資におけるクレジットポリシー(与信業務の手続きの方法や基本的な考え方を示したもの)をデジタル化し、手続きから融資までを5分以内で実現できるようにしたことだ。2つ目は顧客の獲得や距離を縮めるための、デジタルマーケティング機能だ。顧客に対してのメールやモバイルバンキングなどを自動で行い、顧客獲得・維持に貢献する。3つ目は売上向上の機会を探すツールになるという機能だ。溢れる顧客に関する情報をこのプラットフォームで一括管理することで、顧客などの情報を簡易に引き出すことができ、売上向上に貢献する。

ターゲット

銀行

ターゲットの課題

様々な業界でデジタル化が進む中で、「銀行の売上向上」に特化したデジタルプラットフォームは提供されていなかった。

本サービスが狙った業界

システム業界

発想の転換

今までは、銀行のマーケティング部門がいくつかのソフトウェアを利用しマーケティングを行っていたが、本サービスはソフトウェアを利用することで顧客を一括管理でき、以前より簡易にデジタルマーケティングや顧客管理による利益向上の隙を発見できるようになった。

マネタイズ

不明

考察

・アメリカにおいて、1987年度には13,948あった銀行は2017年度には半数以下の5,031に減少している(https://fred.stlouisfed.org/series/USNUM より引用)。
・アメリカでは、既に今年度で5社の銀行が潰れており(Harvest Community Bank, Seaway Bank and Trust Company, Proficio Bank, First NBC Bank, Guaranty Bank)、2016年度には5社、2015年度には8社、2014年度には18社潰れている。
・2015年度のアメリカトップ30の銀行のうち、クラウド型マーケティングオートメーション(バラバラであったデジタルマーケティング機能を1つのクラウドサービスにまとめたソフトウェアのこと)の普及率は約4割程度である。世界の銀行100以上を対象とする調査において、61%がオムニチャネルは銀行のサービスにおいて「非常に重要だ」と回答している。導入が進んでいない理由の1つとして、データを活用したマーケティングの必要性を感じてはいるが、顧客のデータをクラウドで保有するということに対するリスクへの懸念がおおきいことだ。
・銀行は金融機関の中でも、ネットバンクやメール・電話、店舗、ATMなど様々なチャネルを有している。こういった業態の中で、融資スピードをあげ、デジタルマーケティングや売上向上の分析ツールを含む同社のソフトウェアはスケールが見込めそうであるが、同じような銀行の売上向上に関するソフトウェアが競合他社から出た場合は、より明確な差別点がなければ勝ち抜きは難しそうである。
・また業界特化型ツールに関して、ターゲットが絞られている分単価が高い、もしくは導入社数が多いことがスケールの鍵となるが、アメリカにおける銀行自体の数も大幅に減少しているため、スケールは難しそうだ。

マーケットアウト度

★★☆☆☆

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事