ururu04

人の目で情報を収集することで、より多くの情報を集めることができ、高い評価を得ている「入札情報速報サービス NJSS(エヌジェス)」。

後編では、「NJSS」を支えるクラウドソーシング事業「シュフティ」や、うるるが求める人材像について伺った。

3つの事業のシナジーで、成長を目指す

株式会社うるるは「入札情報速報サービス NJSS」の他にも、CGS(クラウドジェネレーティッドサービス)と呼ばれる事業を複数展開している。

「CGSというのは僕らがつくった言葉。クラウドワーカーを活用して生成されたサービスのことで、NJSSを筆頭に、ワーカーが集めた空き家情報を不動産会社に提供する『空き家活用ポータル』やワーカーを活用したコールサービス『フレックスコール』などがある」

こうしたCGSの展開に必要なワーカーを、うるるは自社で集めている。もう一つの中核事業として、お仕事マッチングサイト「シュフティ」を運営しているのだ。主婦層を中心とした在宅ワーカーが登録しており、利用企業は全国35万人のワーカーへ仕事を依頼できる。

「『シュフティ』はクラウドソーシングのプラットフォームとして一般企業にもオープンし、多数の仕事が掲載されているが、実は、最も『シュフティ』に仕事を出しているのはCGSで大勢のワーカーを必要とする、我々うるるだ」と星氏。

ururu05

CGS事業は人の力を使うことで価値が高まるものに特化しており、シュフティを活性化する原動力にもなっている。

さらに、うるるの100%子会社がBPO事業も展開している。BPO事業はビジネストレンドを掴む場にもなっており、クラウドソーシング、CGS、BPOの3つの事業が相互に支えあって、うるるの成長を支えている。

「当社の成長戦略はCGS事業をどんどんつくっていくこと。現在はNJSSがCGS事業の中核を担っているが、新たな事業の種が育ってきている。今後も積極的に事業を生み続けていきたいと考えている」

在宅ワークを新たなスタンダードのひとつに

「シュフティ」は人の力を使ったサービスを売りにする、うるるにとって欠かせない事業だが、これを始めたのは、在宅ワークを新たなスタンダードにしたいという思いがあったからだという。

「今まで、正社員やアルバイト以外に、自宅で働こうとすると、単価の低い内職しか選択肢がなかった。しかし、パソコンが普及した現在では、在宅でも付加価値の高い仕事ができるはず。僕らが時間や場所にとらわれずにできるような仕事をとってくれば、子育てや介護で家から出られない人にも活躍してもらえると考え、起業した」

うるるは創業時のビジョンを今も見失っておらず、極端に低い金額で在宅ワーカーから搾取するような発注は「理念に反する」と断言する。

「クラウドソーシングビジネスは価格破壊に陥りがちだが、僕らが『シュフティ』を使う時は高い報酬を設定する。そのため、ワーカーからも人気の案件になっている。CGS事業が成立しているということは、在宅ワークでも成果が出せるという証」と星氏は語る。

力を合わせ、真っ当なビジネスで夢を叶える

在宅ワークのスタンダード化を目指し、人の力を使った付加価値の高いサービスを運営する、うるる。同社では現在、エンジニアを募集しているという。最後に、うるるが求める人材像について伺った。

「会社の理念や事業に共感できる人。僕らは『世界に期待され応援される企業であれ』という理念を実現するために、『うそをつかない、悪いことをしない』などの行動指針を定めている。どの仕事に携わる人も、こういったところまで共感してもらえる人であってほしい」

会社が目指すビジネスを実現する方法はいくつもあるが、うるるの社員なら嘘をついたり、顧客の期待に背いたりするようなやり方は選ばない。

うるるが社員に求める原則は『5つのスピリット』として明文化され、会社の隅々にまで浸透している。取材当日、暑い屋外から会議室へ入ると、水と一緒に汗拭きシートまで出てきた。非常にありがたく、そして驚いたが、これも「相手の期待を越える『おもてなし』」というスピリットに基づくものだという。こうした活動は社内から任期1年で選抜されたメンバーによる「おもてなし向上委員会」が主導しているそうだ。

隔週で実施している勉強会は「ベンチャースピリットを持ち、成長し続ける」というスピリットを体現するものであるという。

ururu06

受付にもスピリットが発現。お客様をもてなす会社の顔との考えから、代表自らインテリアをプロデュース

ururu07

会議室の外にはソファが置かれている。そこで待つお客様にリラックスして過ごしてほしい、という気持ちの表れ。

「僕らは働くことはすごく楽しい、ワクワクすることだと考えている。『今日はさぼれてラッキー』という働きかたをしている社会人も世の中にはいっぱいいると思うが、うるるの社員にはそんなつまらない働きかたはしてほしくない。会社が追っている夢やビジョンと、個人が持っている夢やビジョンが重なるのがベスト。同じ方向を向いて力を合わせていきたい」

みんなで力を合わせて、世界に期待され応援される企業であり続ける。この会社の夢に共感できる仲間を、うるるは待っている。

うるるの転職に興味がある方、キャリア相談したい方は、エムアウトキャリアからご応募ください。
株式会社エムアウトキャリアはBizna運営会社の株式会社エムアウトのグループ企業です。


スタートアップ転職をご希望の方へ

  • この記事をはてなブックマークに追加

関連記事