安全靴のマジックテープって便利なの?マジックテープ靴と紐靴の違いやメリットとデメリットを比較して考えよう

安全靴のマジックテープって便利なの?マジックテープ靴と紐靴のメリットとデメリットを考えて選ぼう!

安全靴は、普通のスニーカーと同じようにマジックテープのタイプ紐タイプがあります。

厳密に言うと、マジックテープでスニーカーみたいな安全靴のほとんどはプロスニーカーとかプロティクテブスニーカーと呼ばれていて安全靴ではありません。

JIS規格とJSAA規格の違いは?安全靴を選ぶ時の注意点!
安全くん
安全靴には規格があって、JIS規格とJSAA規格があるのでマジックテープのものはほとんどがJASS規格のプロスニーカーです。

どちらの規格も一定以上、安全性が担保しているので現場ではJIS規格の安全靴が指定されている場合を除いては、JSAA規格の安全靴を選んで使っている作業員さんや職人さんが多いです。

なので、今回は規格の違いではなく「マジックテープ」と「紐タイプ」の安全靴の違いを比較します。

紐タイプとマジックテープタイプだとそれぞれにメリットデメリットがありますので目的に合わせて安全靴を選びましょう。

マジックテープ安全靴のメリット・デメリット

安全靴 マジックテープ

マジックテープの安全靴は、見た目がスニーカーっぽくてかっこいいですよね。

見た目のオシャレさだけではなく機能面で違いがあります。

安全くん
普段履いていて感じたメリット・デメリットを紹介します。

マジックテープ安全靴のメリット

ホームセンターの安全靴コーナをみてもマジックテープ靴はたくさんあります。

マジックテープ靴の最大のメリットは、片手で剥がすことができること。

靴を締めたり緩めたりが簡単にできるので脱着が素早くできるんです!

特に役に立つ現場は新築現場などの土禁の場所。新築物件は靴を脱いでフロアに上がることが多いので簡単に脱げるマジックテープはとても便利です。

現場で働いている人以外にも、頻繁に靴の履き替えが必要なお仕事の人に重宝されるのがマジックテープ靴です。

マジックテープは接着面が靴の甲皮の表面にくっついているので、突起物が多い現場ではブラブラする紐が機械や重機に巻き込まれる心配があまりありません。

巻き込み事故を防ぐことができるのもメリットです。

マジックテープ安全靴のデメリット

メリットである脱着の簡単さはデメリットにもなります。

簡単に脱ぎ履きできるマジックテープ靴。

高所や足場が悪い場所で作業を行う場所はすぐに脱げてしまう可能性があるのでとても危険です。

高所作業用安全靴の選び方!迷ったらJIS規格の安全靴を選べば万能でどの現場でも使える

足場が悪いところで柱に引っかかって靴が脱げてしまうことは現場リスクとして考えられます。

安全くん
マジックテープはビリビリが劣化すると簡単に取れやすく緩みやすいと言うデメリットもあります。

靴の脱着を何千回もしていると信頼できる安全靴メーカーさんが作っていても流石に劣化してしまいます。

靴が少し痛んできたら交換する人なら管理できると思いますが、こまめにチェックすることができない人にはあまりおすすめできません。

安全靴の劣化の見極め方!適切なタイミングで交換しないと危険です

紐タイプ安全靴のメリット・デメリット

紐靴

一般的にたくさんの人が使っているヒモタイプの安全靴。

スタンダードなので、メリット・デメリットを考えることがないですが…。たくさんの種類の安全靴があるので比較してみました。

紐靴のメリット

安全靴の定番の紐タイプですが、最大のメリットは脱げにくいということ。

工事現場にもよりますが高所や足場が不安定な場所で足元に気を配れない場所で作業をする場合は、しっかり靴紐をむずべば脱げないと言う信頼性は抜群です。

甲部分から足首にかけて自分の好みで締めることができるので、万が一結び目が解けてしまっても簡単に脱げないというメリットは大きいです。

ビリビリ接着するタイプのマジックテープより紐靴の方がおしゃれと思う人も多いです。

マジックテープタイプでもおしゃれな安全靴は発売してますが、紐タイプの方が発売している種類や母数が多いのでデザインも豊富です。

女性にもおすすめの可愛い安全靴!
かっこいい安全靴!性能も抜群のおすすめの安全靴を紹介します!

紐靴のデメリット

紐タイプのデメリットは結んだ部分が突起物に引っかかりやすいところ。

リボン結びにして余ったヒモを靴の中にしまえば、引っかかるリスクは減らすことはできるものの、動いていると紐は出てきてしまいますのでマジックテープのように表面にフィットしているわけではないので突起物に引っかかってしまうことはあります。

安全くん
ほとんど起こらない問題ですが万が一引っかかると転倒して怪我をしてしまう可能性が高いですね。

靴の脱着が多い現場では紐タイプよりマジックテープタイプの方がおすすめです。

違いを理解した上で用途に合わせて安全靴を選べば利便性も安全性もUP

マジックテープ靴と紐靴のメリット・デメリットを紹介しました。

安全靴を選ぶときは、値段やデザインをみて直感的に選ぶ方が多いと思いますが、違いを比較すると自分の働いている現場にはどちらが適切なのかを判断することができます。

安全靴は、足元の安全を守るために履きますよね!

マジックテープと紐どちらを選べばいいのか迷う方が多いと思いますが、どちらにもメリットとデメリットがありますので働く現場に合わせて購入しましょう。

安全くん
ちなみにマジックテープと紐のいいとこ取りをした「Boaシステム」の安全靴もあります。
脱着が超簡単!おしゃれな安全靴「PF-117Boa」

【PF-117Boa】台車から小指を保護するプロスニーカーに 片手で脱ぎ履きできるBoaフィットシステムを搭載。
おすすめポイント
  • マジックテープのように剥がれない
  • 靴紐みたいに引っかからない
  • 片手で脱ぎ履ぎが可能
  • 台車などから小指まで守れるプロテクトウズ5先芯
  • 高性能なのにごつくない

\購入はこちら/

つま先を守る!片手で着脱できるおしゃれな安全靴はこれ

紐やマジックテープにこだわりがない方なら、Boaフィットシステムはかなりおすすめです。

Boaシステムを使っている安全靴の値段はほとんどの場合、約1万円と少し高額なことが多いです。

でも、信頼のミドリ安全さんが作っているので安心して使えるのでおすすめ!ぜひ試してみてください。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUT US

安全くん
工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。