コロナ禍における避難活動!災害時に考える「分散避難」と避難所を使う場合に取るべき行動

コロナ禍における避難活動!災害時に考える「分散避難」と避難所を使う場合に取るべき行動

2021年2月13日(土)23時8分ごろ、宮城県・福島県を中心に大規模な震災が発生しました。

ちょうど10年前に発生した東日本大震災の余震と言われています。

3月11日は何の日?「いのちの日」は1年に1回、防災について考える日!

3月11日は何の日?過去の災害から「いのちの日」は1年に1度防災について考える日

2020年2月22日
安全くん
私の実家は栃木県北部で福島県との県境で震度5強。揺れもすごかったしその後の停電が怖かったと両親が言っていました。

今回のような大規模な地震が発生すると。

  • 家の倒壊
  • ライフラインのストップ

などが発生してしまいます。

2020年から続いている、新型コロナウィルスの影響で自然災害が発生してもすぐに避難所に避難することも難しい現状で避難の仕方はかなり変化しています。

今回は、コロナ禍での避難の仕方について考えていきます。

コロナ禍で大規模な自然災害が発生した時のリスクは?

コロナ禍 避難 リスク

新型コロナウイルスが大流行中の状況下で、大規模な自然災害、特に避難が必要になる地震・台風が発生した場合は、災害による被害だけでなく、避難先で新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生してしまう可能性があります。

避難場所も、クラスター感染を防止するためにコロナ対策グッズを準備したり避難者の受け入れ人数を少なくするなどの対策をしていますが避難所は「3密」になりやすいので完璧な対策をすることはできません。

ソーシャルディスタンスとは?新型コロナウイルス対策に有効な3密を回避する方法

ソーシャルディスタンスとは?新型コロナ対策に有効な3密を回避する方法

2020年9月25日
3密とは?
  • 密閉空間
    換気が悪い・できない場所
  • 密集場所
    人が密集している場所
  • 密接場所
    ソーシャルディスタンスが保てない場所
安全くん
換気が重要ですが、寒い時期や暑い時期は完璧な換気をすることは難しいです。

さらに、コロナの集団感染リスクを防ぐために災害ボランティアを縮小することもあります。

リスク回避のためにコロナ禍で有効な「分散避難」

コロナが流行する前は、大規模な自然災害が発生した場合。すぐに避難所に避難することが当たり前でした。

でも、コロナの影響で避難所ではクラスター感染をするリスクがあるため「分散避難」の有効性を政府やメディアで呼びかけています。

安全くん
分散避難は避難所に人が密集しないように考えられている避難方法のことです。

もちろん、周囲が危険で他に避難する場所がなければ避難所に駆け込む選択をしてください。

分散避難に推奨されている場所
  • 在宅避難
  • 知人宅への避難・ホテルなどへの避難
  • 車への避難

避難行動を考える場合の目安

避難行動のフロー

内閣府が発表している「避難行動判定フロー」を確認するとどのように分散避難すればいいのか目安になると思います。

その時に必要なものは、「ハザードマップ」と「市区町村が指定している指定緊急避難場所」。

安全くん
市役所にいけば、どちらも冊子がもらえますし、ネットでも確認することができます。
令和2年7月豪雨で学ぶ水害の恐ろしさ!ハザードマップだけでも危険かも?東京都内で引越しを考えて調べたこと

令和2年7月豪雨で学ぶ水害の恐ろしさ!ハザードマップだけでは危険かも?東京都内で引越しを考えて調べたこと

2020年7月10日

身内に高齢者の方がいる場合は、離れて暮らしていても確認しておくと安心です。

避難所に避難する時に必要な持ち物

たくさんの人が避難が必要な大規模自然災害が発生した場合、ある程度コロナ対策をしている避難所であってもコロナ対策グッズは数が足りないことが想定されます。

避難先で、コロナに感染しないこと・他人をコロナに感染させないことを意識して必要なものは自分で持ち込むようにしましょう。

必要なコロナ対策用品
  • マスク
    できれば不織布マスク
  • 消毒用アルコール
  • 除菌シート
  • 体温計
  • モバイルバッテリー

避難所によっては、入口で体温測定をするところがありますが…、長期間避難が必要になる場合は各家庭で体温計があった方が便利です。

いざという時のために持っておいた方がいいです。

現場の必需品!モバイルバッテリーの選び方は?

現場の必需品!モバイルバッテリーの選び方は?

2020年11月6日

避難所で意識することは?

コロナ禍 必要なもの

避難所ではたくさんの人がいることが想定されるので、行動にも意識しましょう。

マスクの着用は必須

マスクをずっと外さないことはもちろんですが、コロナ禍で「マスク警察」「不織布マスク警察」などという言葉が生まれるくらい。他人の行動にみんな敏感になっています。

  • 鼻を被わないことはNG
  • マスクはできれば不織布のマスクをつける

などをすれば、避難所で思わぬトラブルを避けることができます。

補足!不織布マスクをつけられない人もいる

呼吸器系統の疾患などによって「不織布マスク」をつけられない人もいます。無理はしないようにしましょう。

3密になる行動は避ける

避難所のスペースにもよりますが、他人とは2メートル以上のソーシャルディスタンスを保つようにしましょう。

避難場所にいる期間にもよりますが、家族とも必要以上に会話をすることは避けるようにしましょう。

換気が悪い部屋の場合、「マスク越しに話していても3分間の会話でくしゃみ1回分の飛沫が飛ぶ」というデータもあります。

共用部分を触る前後に手指の消毒

避難所で注意するべきは共用部分。

トイレ・入口のドア・照明スイッチ・窓の取手部分など、たくさんの人が触ります。

全ての場所にアルコール消毒がおいてあればいいですが、ないことも想定できるので個人的に準備をして他人が直接する場所を触る前後に消毒をするようにしましょう。

災害を想定して心の準備しておくことが大切

コロナ禍 避難 

新型コロナウィルスは、大規模な自然災害発生のときの避難活動にも影響を及ぼしています。

2月13日の大地震。

台風による水害などが発生すると、災害について考えることが多くなりますよね?

その機会に、防災グッズの点検をすることも大切ですが避難場所についても確認しておくとさらにいいと思います。

災害時に必要な防災グッズを揃えていざという時に備えましょう!必要なものをまとめました

災害時に必要な防災グッズを揃えていざという時に備えましょう!必要なものをまとめました

2019年8月3日

感染リスクを減らすためにどんな対策ができるかを知っておくことで、避難所での1人1人の行動が変わるはずです。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。