作業用ヘルメットの寿命は何年?替え時の目安は?材質によって耐用年数が違うから要注意

作業用ヘルメットの寿命は何年?替え時の目安は?材質によって耐久年数が違うから要注意

作業用ヘルメットは、工事現場・建築現場・工場などでは必須のアイテムです。

会社によっては支給してくれるものですが、自分で用意しなくてはいけない場合もあります。

いずれにしても、普通に働いていれば「ヘルメットがあったから助かった」という恩恵を受けるシーンはほとんどないのでずっと同じヘルメットを使っていませんか?

安全くん
ヘルメットを買い替えるタイミングってわかりずらいので、何年着用しているかわからなくなることが多いと思います。

ヘルメットはいざというときに頭を守ってくれるもの。

実は、材質によって異なる耐用年数があってメーカーさんや「一般社団法人日本ヘルメット工業会(JHMA)」は交換する年数を指定してくれています。

今回は、作業員の方なら毎日のように被っているヘルメットの寿命について紹介します。

作業用ヘルメットの耐用年数はどのくらい?

ヘルメットをかぶる人

ヘルメットには素材によって違う「耐用年数」があります。

材質廃棄・交換規準
ABS、PC、PE製(熱可塑性樹脂)異常が認められなくても3年以内
FRP製(熱硬化性樹脂)異常が認められなくても5年以内
着装体異常が認められなくても1年以内

耐用年数がすぎると耐久性が下がります。

寿命なので廃棄して交換をすることを、日本ヘルメット工業会「保護帽の取扱いマニュアル」で規定されています。

そもそも、作業者が着用しているヘルメットはほとんどが「国家検定合格品」

保護帽の国家検定規格に合格するためには、

  • 耐貫通性試験
  • 衝撃吸収性試験

などの厳しい試験を通過しています。

一度ヘルメットを購入すると、事故が起きるまでヘルメットを替えないという作業員さんや職人さんもいます。

安全くん
ヘルメットに寿命があるということを知らない人が多いので、この記事を読んだ方はぜひ耐用年数が越えるとヘルメットが劣化しているので安全のために交換してください。

万が一、事故があったときに使っているヘルメットが機能しなかったら被っている意味がなくなってしまいます。

ヘルメットの材質の種類とは?

ヘルメット 種類

ABS、PC、PE製(熱可塑性樹脂)のヘルメット・FRP製(熱硬化性樹脂)のヘルメットでは、耐用年数が違います。

作業によってヘルメットを使い分けているヘルメットのプロの人には、常識かもしれませんが…。そうじゃない人も多いと思いますので材質によって何が違うのかをまとめました。

ABS製(熱可塑性樹脂)

ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)は合成樹脂の一種。熱による変形しやすい熱可塑性。薬品に触れると樹脂が割れてしまうこともあります。耐電性が高く、電気を扱う用途の作業に最適な素材のヘルメットです。加工しやすいので、デザイン性が高いヘルメットが多いです。

PC製(熱可塑性樹脂)

PC(ポリカーボネート)はプラスチックの一種。衝撃に対する性能に優れた丈夫な素材です。変質を起こしにくい耐候性にが高く熱可塑性を持ったプラスチックの中でも最も高い耐衝撃性を持っています。耐電性にも優れています。

PE製(熱可塑性樹脂)

PE(ポリエチレン)熱可塑性プラスチックの一種。耐電性・耐薬品性に優れています。耐電性にも優れています。

FRP製(熱硬化性樹脂)

FRP(ファイバーグラス・レインフォースド・プラスチック)は繊維強化プラスチックといい、ガラス繊維などをポリエステル樹脂(プラスチック)に入れて強化させた樹脂素材です。災害用ヘルメットによく使われています、成形する上で、リベット穴を開ける必要があるので電気用には使用できません。

素材によって性質が異なりますが、耐用年数が熱可塑性樹脂は3年。熱硬化性樹脂は5年。

安全くん
電気工事をしている作業員は、熱硬化性樹脂のヘルメットは基本的に使わないと思うので交換のタイミングは3年周期でやってきます。

着装体とは?

ヘルメットの内装のことです。

  • ハンモック
  • ヘアバンド
  • 環ひも

ヘルメットの頭部を固定したり・衝撃を緩和する部分のことですが。

こちらは1年くらいで交換のタイミングとされています。

安全くん
ほとんどの方が交換する部分ではないですが…、衛生面を考えると交換しておいても良いのかなぁと思う部分ですね。

ヘルメットの寿命以外で交換するタイミングは?

ヘルメット 劣化

ヘルメットの寿命がわかったところで、それ以外の交換のタイミングを紹介します。

まず前提として、1度でも強い衝撃を受けたヘルメットは安全性能が著しく低下するので使えないということです。

これは、工業ヘルメットだけではなくバイクのヘルメットでも同じです。

それ以外に、いつも私がお世話になっているミドリ安全さんがヘルメットの点検ポイントを紹介してくれているので印象して紹介させていただきます。

引用:保護帽の取扱説明 | ミドリ安全のSCヘルメット

ヘルメットのチェックポイント

欠損があるヘルメットだと現場監督さんに怒られるので、使っている人は少ないですが…、すり傷とか少し変形しているヘルメットを使っている人はたまに見かけます。

危険なので着用しない方が良いです。

ヘルメットのチャックポイント

アゴヒモは切れてしまって自分で縛っている人もいますが…、同じメーカーさんであれば装着体は販売しているはずなので通販とか実店舗で購入された方が良いと思います。

安全のためにヘルメットの定期的な点検を実施しよう

ヘルメット 作業員

作業用ヘルメット(産業用ヘルメット)の耐用年数を紹介しました。

  • 熱可塑性樹脂は3年
  • 熱硬化性樹脂は5年

内装は1年ですが、汚れたらその都度交換しましょう。

耐用年数以外にも、「保護帽点検 20のチェックポイント」に引っかかったり・そろそろヤバいなと思ったら交換した方が良いです。

ヘルメットは、ほぼ毎日過酷な状況下で酷使しているので思っている以上に消耗している可能性があります。

安全くん
万が一のために、暑くて汗をかいてしんどい思いをして被っているのに事故の時に役に立たなかったらショックですよね。

安全のために、ヘルメットを定期的にチェックしてみてください。

発泡スチロールなしのヘルメット「ウィンドフロー」

ウィンドフロー
おすすめポイント
  • 国家検定合格品
  • 用途に合わせて種類が選べる
  • 頭が蒸れにくい
  • 水で丸洗いしても乾きやすい

\購入はこちら/

発泡スチロールなしのヘルメット「ウィンドフロー

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUT US

安全くん
工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。