花粉症対策におすすめのメガネ(ゴーグル)8選!使用メリットと選び方も

花粉症対策におすすめ8選!使用メリットと選び方も

春先、目や鼻、のどがムズムズとして体調が悪くなる花粉症は、全国で約6人に1人が発症しており、国民病とも言えます。花粉症対策の一手として、目に花粉が入るのを防止する「花粉症対策用メガネ」があります。この記事では、花粉症対策用メガネのメリットや選び方と、おすすめのアイテム8種類を紹介します。

花粉症対策用メガネのメリットは?

花粉症対策用のメガネには、以下のようなメリットがあります。

目のかゆみを防ぐ効果が期待できる

花粉症になっている人は、粘膜に花粉がつくことでアレルギー症状が出てしまいます。

目に花粉が入ってしまったときは、目が充血したり、かゆくなったりします。

花粉は非常に小さい粒子であり、まばたきなどでブロックしきることは難しいです。

そこで、花粉症対策用のメガネをすることで、より強力に花粉が目に入ることを防ぎ、アレルギー症状が出ないように抑えることができます。

ホコリやウイルスも防ぐ

花粉を目に入れないようにする機能があるため、それより粒子の大きなホコリや砂粒もシャットアウトします。

黄砂やPM2.5、ウイルスなどは、花粉よりも粒子が細かいため、完全に侵入を防ぐことはできませんが、一定のブロック機能は果たしてくれます。

裸眼でも視力が十分な人にもおすすめ

『メガネ』というと視力矯正のイメージが強いと思いますが、視力が高く、裸眼でも問題ない人であってもおすすめできるアイテムです。

視力に問題がなくてもまぶしい時にはサングラスをかけるような感覚で、花粉症対策できるメガネを活用していきましょう。

もちろん、マスクも花粉症対策に有効です。花粉症対策マスクについてはこちらの記事を参考にしてください。

花粉症対策におすすめのマスク10選!効果的なつけ方や選び方をチェック

花粉症対策のメガネを選ぶ基準は?

では、具体的にどのような基準で選んでいくのが良いのでしょうか。

視力矯正は必要か

視力が悪く、メガネなどで視力矯正をしている場合は、花粉症対策用のメガネに直接度を入れるということもできます。

ただ、「コンタクトレンズをしている日もある」という人や、「メガネの上からさらに花粉症対策用メガネをかけても気にならない」という人には、視力矯正のないものをおすすめします。

もちろん裸眼で視力に問題のない人は、度入りの花粉症対策メガネを購入する必要はありません。

サングラス仕様にするか

車の運転などが多く、サングラス仕様にしたいという人もいるかもしれません。

夜間は花粉の量が多くないため、花粉症の症状は落ち着きやすい傾向にあります。

そのため、日中はサングラスタイプにした花粉症対策用メガネをかけ、夜は外して生活する、ということも可能でしょう。

ただ、もし夜間でも症状が出てしまうほど重度な花粉症の場合は、サングラス仕様にしないほうが生活しやすいと言えます。

ファッション性

花粉症対策用のメガネは、構造上、水泳やスキーのゴーグルのように目の周りを覆うことで花粉をブロックしています。

大きさ・覆う範囲はまちまちで、科学実験時の保護メガネと似たような形状のものから、通常のメガネ程度のものまで、幅広いラインナップがあります。

自分の求めるファッション性に合わせて選ぶと良いでしょう。

密閉性の高さ

花粉症対策という観点では、密閉性の高さは非常に重要です。

ただ、密閉性を高めるためといっても、顔にしっかりメガネが食い込んでしまうような構造だと、顔が痛くなったり、装着感が悪くて我慢できなくなったりします。

目の周りにソフトに密着するサイズ感・密閉性のものを選びましょう。

耐衝撃性・防曇性

メガネの性能で重要なものとして、衝撃への強さと、レンズの曇りにくさがあります。

衝撃を受けて簡単に割れてしまうようなメガネでは危険です。

また、レンズが曇りやすいメガネは、使っていてストレスに感じることも少なくありません。

あらかじめレンズに加工が入っていて、こうしたトラブルが起きにくいものを選ぶといいでしょう。

事務仕事が多いならブルーライトカット型もおすすめ

パソコン画面からは、ブルーライトと呼ばれる強い光が発せられています。

ブルーライトは目に悪影響を与えやすく、眼精疲労などの原因にもなるといわれています。
そこで、ブルーライトをカットできるメガネがあります。

全体的に黄色味の強い視界にはなりますが、事務作業の多い仕事に就いているのであれば、ブルーライトカット仕様のものにしても良いでしょう。

おすすめの花粉症対策メガネ8選

花粉をブロックできるおすすめのメガネを、8種類紹介します。

【ミドリ安全】ビジョンベルデ 保護めがね  VS-302H 両面ハードコート

【ミドリ安全】ビジョンベルデ 保護めがね  VS-302H 両面ハードコート

“ビジョンベルデ”は、メガネの上からも装着可能な保護メガネです。

両面にポリカーボネートのハードコートが施されており、傷付きにくく、薬品への耐性もあります。

顔の側面を覆うサイドシールドが大型になっており、防塵性を高めています。

耳にかけるテンプル部は柔らかな素材でできているため、顔を圧迫しにくいという点も大きなメリットです。

【MALYHO】保護メガネ 花粉症対策 防曇 防塵 防風

こちらもメガネの上からかけることのできる保護メガネです。

頭の形にフィットしやすい滑らかな曲線を描いたテンプルで、締め付けを程よいものに抑えることができます。

また、視界に不透明なフレームが含まれないことで、クリアな視界が確保可能です。

【FaceTrick az Label】クリアレンズオーバーグラス

防曇性能、UVカット性能が付加された、メガネの上からも掛けられる保護メガネです。

耳にかけるテンプル部を上下方向に調整することで、顔への密着感・圧迫感を調整することができます。

メガネ拭きと専用ケースが付いてくるので、花粉症対策が不要な時期でも清潔に保管しておけます。

【GOKEI】花粉防止メガネ 6点セット

こちらはメガネ型の花粉症対策アイテムです。メガネの上からかけることはできないので、コンタクトレンズ、もしくは裸眼の人に適しています。

紫外線カット、防曇加工、ブルーライトカットなども付加されており、様々な刺激から目を守りつつ、クリアな視界を維持しやすくしてくれます。

6点セットには、メガネ本体、メガネ用のハードケース、収納ポーチ、メガネ拭き、メガネ紛失防止用のストラップ、メガネが滑り落ちないようにするイヤーフックが含まれています。

充実したセットながら安価なのもおすすめポイントです。

【Back-fill】花粉防止メガネ

シンプルなメガネ型のデザインで、花粉・黄砂・ホコリなどマルチに対応できる花粉防止メガネです。

度の入っていないスクエア型メガネフレームで、男女を問わないフォルムです。

曇りにくいレンズを採用しているため、日常生活においても快適な使用が可能。

花粉防止に高い効果が期待できるうえに、非常に安く手に入るのもメリットです。

【Double Legend】防塵 花粉用メガネ

花粉症対策を万全にしたい場合は、より密着度の高い『Double Legend』の花粉用メガネをおすすめします。

レンズカバーにシリコンを採用しているため、強く密着させても痛みを感じにくく、密着度を存分に高めることが可能です。

また、左右のメガネホルダーには精油を入れるスロットが付いており、お気に入りの精油を入れることで香りを楽しむこともできる仕様になっています。

【GOKEI】花粉症 メガネ 子供用

お子さまで花粉症に悩んでいる方は、子ども向けサイズのものを購入しましょう。

大人用のサイズだと頭囲が合わず、密着度が低下して花粉防止の機能が有効に働きません。

GOKEIの子ども用花粉症対策メガネは、ブルーライトカット機能が付加されており、スマホやパソコンを触る時間の長いお子さまでも快適に使用できます。

また、防曇性能も付加されているため、視界をクリアに保ちやすいです。

【SWANS】子供用花粉グラス

同じく、お子さま向けの花粉症対策用メガネです。

可視光の透過率は90%以上なのに対して、紫外線は99.9%以上カットするレンズを採用しています。

また防曇加工のため、視界が悪くなるのを防げます。

耳にかけるテンプル部には中芯があり、頭の大きさや幅に応じて柔軟に調整可能です。

花粉対策特集!

花粉症が辛い季節…。ミドリ安全では、作業時も安心してお使いいただける種類豊富な保護メガネ(ゴーグル)やマスクを取り揃えています。取り扱いアイテムを詳しく知りたい方は、下記ボタンよりご覧ください。

度入りの花粉対策メガネを購入するなら慎重に

この記事でご紹介したメガネは、いずれも度の入っていないものでした。

視力の低い人は、度入りの花粉症対策用メガネを購入するのも良いのですが、コンタクトレンズとメガネを時間帯やシーンによって使い分けている人には、あまりおすすめできません。

また、度入りの花粉症対策メガネを作成すると、レンズがそれだけ高額になり、結果として普通のメガネを買うよりも高く付いてしまうことも考えられます。

すでに視力矯正用のメガネを使用している場合は、レンズオーバー可能な保護メガネ型のものを選ぶことをおすすめします。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。
ABOUT US
安全くん
工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。