花粉症におすすめの目薬10選!緩和・予防につながるアイテム目薬をチェック

花粉症におすすめの目薬10選!緩和・予防につながるアイテムをチェック

花粉症になると、目・のど・鼻を中心に炎症が起こります。目に花粉がついた場合、アレルギー反応で痒みやゴロゴロ感が出るほか、涙で花粉を洗い流そうとする働きが生まれます。花粉症対策には「花粉を寄せ付けないこと」も大事ですが、症状が現れたあとの緩和も大事。この記事では、アレルギー反応が出たあとでも効果が得やすい目薬をご紹介します。

そのほかの花粉症対策については、こちらもあわせてご覧ください。

花粉症対策におすすめ8選!使用メリットと選び方も
花粉症対策におすすめのマスク10選!効果的なつけ方や選び方をチェック

花粉症用目薬|選び方のポイントは?

花粉症用目薬|選び方のポイントは

花粉症用の目薬は、配合されている成分を中心に選ぶことをおすすめします。

事前に打っておくことでアレルギー反応を起こりにくくすることもできるので、早め早めに使用していきましょう。

花粉症の場合、目に花粉が入ると免疫細胞が過剰に反応し、アレルギー反応が起こります。

この際にヒスタミンという血管拡張などを引き起こす物質が分泌され、それが充血や目のかゆみを生じさせます。

これらの現象の連鎖をどこかで止めることができれば、花粉症による目の不快感を止められます。

抗アレルギー成分配合

花粉症はアレルギー反応の一種なので、抗アレルギー成分が配合されている目薬を使うと非常に高い効果を得られます。

具体的な成分としては「クロモグリク酸ナトリウム」「アシタザノラスト水和物」などがあります。

これらの成分は、免疫細胞を安定化させることで、かゆみなどの原因となるヒスタミンを放出させないように調整してくれます。

抗ヒスタミン成分配合

抗ヒスタミン薬には、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」「ケトチフェンフマル酸塩」などがあります。

これらの成分は、ヒスタミンを受け取って反応を引き起こす「ヒスタミン受容体」を先に埋めてしまうことで、ヒスタミンの作用を阻害する働きを持っています。

血管収縮剤の配合されていないもの

「目の充血を抑える」という効果がメインの目薬には、血管収縮剤が配合されていることがあります。

これらの成分には「塩酸ナファゾリン」「塩酸テトラヒドロゾリン」「塩酸フェニレフリン」などが挙げられます。

これらの成分はアレルギー反応で広がってしまった血管を細く戻す作用があるため、一時的に症状は抑えられます。

しかし、炎症が起きている原因自体は解決されていないため、望ましいとは言えません。

血管収縮剤の配合されているものを選ぶ場合は、一時的に、できるだけ早く目の充血を取り除きたいというシーンに限ることをおすすめします。

花粉症におすすめの目薬10選

花粉症におすすめの目薬10選

それでは、実際におすすめできる花粉症の緩和・予防に有用な目薬を10種類ご紹介します。

【ロート】アルガードクリアブロックZ 13mL

抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムと、抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩が含まれています。

この成分で、花粉症の症状が出る2つの原因をどちらもブロック。

さらに、抗炎症作用を持つプラノプロフェンも配合することで、発症後も速やかに鎮静してくれる効果が期待できます。

メントール成分も添加されているため冷涼感も得られ、炎症を起こして目が熱っぽいときにもおすすめです。

【PHARMA CHOICE】アレルギー専用眼科薬 マリンアイAL 15mL

クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩を配合することで、こちらも花粉症を引き起こす2つの原因をしっかりブロックします。

抗炎症成分としてイプシロン-アミノカプロン酸を配合しています。

メントール成分は配合されていないので、メントールが苦手な方にもおすすめです。

【ロート】アルガード 10mL

こちらのアイテムは、抗ヒスタミン作用が主な作用の目薬です。

グリチルリチン酸二カリウムが抗炎症作用を持つほか、血管収縮薬である塩酸テトラヒドロゾリン、爽快感を得やすいメントール成分も配合されています。

アレルギー症状を一時的に、より素早く緩和したいというときにおすすめです。

【佐賀製薬】マリンアイALG 15mL

マリンアイALGは、アレルギー対策に特化している目薬です。

抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウム、抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムを配合。

これによって、花粉症の発生機構を止め、起こってしまった炎症を押しとどめる効果が期待できます。

花粉症の症状がこれから出そうだというときはもちろん、出てしまったあとからでも効果を発揮してくれます。

【サンテ】ALクールII 15mL

抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンマレイン酸塩、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムを配合した目薬です。

こちらのアイテムには、血管収縮剤の塩酸テトラヒドロゾリン、清涼感を高めるメントールも配合されているため、より迅速に目のかゆみを鎮める必要がある人におすすめです。

【わかもと製薬】アレジフェンス 5mL×2

抗アレルギー成分のアシタザノラスト水和物を中心に据えることで、花粉症の発生原因をブロックします。

なかなか使いきれず、開封してから時間がたって古くなってしまう目薬ですが、こちらのアイテムは5mlサイズのものが2つ入りなので、衛生状態を良好に保ちやすいというメリットがあります。

【アイリス】AGガード 10mL

抗ヒスタミン成分のケトチフェンフマル酸塩と、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムが配合されています。

かゆみの原因と炎症そのものを両方抑え込むことで、花粉症の症状を緩和します。

メントール入りで、差し心地も清涼感があり、アレルギー反応で熱を持った目を鎮めてくれます。

【アリナミン製薬】マイティアアルピタットEXα 15mL

抗アレルギー薬のクロモグリク酸ナトリウム、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合して、花粉症の原因をタブルブロックします。

また、プラノプロフェンの抗炎症成分、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの角膜保護成分を配合して、生じている花粉症のかゆみ、ゴロゴロ感を解決してくれます。

【ロート】アルガードコンタクトa 13mL

コンタクトレンズをしたままでも使用できるタイプの花粉症対策目薬です(カラーコンタクトは除く)。

抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合してアレルギー反応をストップさせるほか、メントール配合で清涼感も得られます。

また、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムで角膜保護、ビタミンB6で目に栄養補給を行えるなど、コンタクトユーザーにうれしい成分も配合されています。

【ロート】アルガードこどもクリア 10mL

大人向けの花粉症用目薬だと、成分配合量が多く、子どもには不向きな場合があります。

そこでおすすめなのが、“アルガードこどもクリア”です。

抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸二カリウムなどを、お子さんでも安心して使用できる量配合しています。

辛い花粉症…市販の目薬で対処しきれない場合はアレルギー内科・眼科へ

辛い花粉症…市販の目薬で対処しきれない場合はアレルギー内科・眼科へ

花粉症対策が可能な目薬は、さまざまな種類のものが市販されています。

これらのなかから、自分にあった1種類を選んでぜひ使ってみてください。

また、いろいろな種類の目薬を試してみても効果が感じられないという人は、アレルギー内科や眼科など、専門医に相談に行くことをおすすめします。

市販薬よりも高濃度配合となっている目薬を処方してもらえることがあるほか、症状を緩和する治療を受けられる可能性もありますので病院で受診すると時間がかかるデメリットはありますが、安上がりなことが多いのでひどい花粉症の方は病院に行くことがおすすめです。

現代病とも言える花粉症ですが、薬を使うなどして上手に付き合い、快適な生活を送りましょう。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。
ABOUT US
安全くん
工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。