空調服の素材は用途に合わせて選ぼう!素材別!おすすめの空調服

作業員の安全確保に不可欠な空調服!用途に合わせて素材を選ぼう

近年になって熱中症の恐ろしさが周知されるようになりましたが、それでも現場での対策は十分とは言えません。

安全くん
大きい現場では安全管理が徹底されていますが、すべての現場で熱中症対策をしている訳ではありません
安全大会とは?安全大会を実施する理由についてもっと知ろう!

工事現場など屋外の作業では環境そのものを改善するのは非常に困難ですし、扇風機や冷風機の設備もコストがかかります。

なので、作業員自身の工夫で熱中症トラブルを避ける必要があります。

重大な健康被害に見舞われないためにも、熱中症のメカニズムや体を守る空調服について学びましょう。

オリンピックの応援や観戦は熱中症に注意

無観客で行われている東京オリンピックなので観戦に行かれる方は少ないですが、会場に足を運ばれていたり、野外で応援される方もいます。コロナ禍でマスク着用で外にいると熱中症の可能性が高くなりますのでそんな方は特に熱中症対策をしましょう。

熱中症になる理由と工事現場での発症リスクについて

熱中症は体温が急激に上昇することで起こる体調不良の総称です。

気温が高い場所に長時間滞在することで発症のリスクが増大してしまいます。

安全くん
毎年、今年は暑いとか冷夏とか言われていますが…、働いていたらどっちにしても暑いですし7月後半からは夏はいつでも暑い!

気温の上昇に伴って体温も上がり、その結果として熱中症を患うことになります。

そのため、建物の建設工事のように日光が直接当たらない仕事に従事している時も決して安全とは言い切れません。

作業員は怪我の防止のため、真夏でも素肌を晒さない長袖の衣類を着る現場がほとんどです。

衣類の保温効果で体温が上がりやすくなり、熱中症に見舞われるリスクも飛躍的に増大するのです。

空調服の特徴と取り扱いに関する注意点

空調服は衣類の内部に風を送る仕組みになっている作業服のこと。

気密性の高い衣類の内側に外気を送り続けることで汗を気発させることで体を冷やし、熱中症の発症リスクを軽減させる効果があります。

空調服はつなぎやジャケット、ズボンなど形状は様々ですが、いずれも体を冷やして体温の急激な上昇を防ぐ効果があります。

ズボン型空調服おすすめ5選!より快適な作業環境を目指そう

空調服は電動式の小型送風機が付属している形状になっていますが、衣類そのものは送風時に風を循環させる機能を持たせるため、気密性を高めた作りになっています。

バッテリー切れなどで送風機を作動させないと気密性の高さが仇になり、かえって熱くなることを把握しなければいけません。

安全くん
バッテリーが劣化してくると稼働時間が短くなりますので注意しましょう。

さらに空調服は用途の性質上、生地が破れると冷却効果が低下します。

体温が上昇しやすい作業現場は衣類が破れる原因である引っかけが生じやすい場所でもあるので、空調服の材質選びにも気を配ることが大切です。

空調服は用途別に異なる材質で作られているので、着用する環境に応じて使い分けるのが体調を良好に保つための心得と言えます。

素材別!おすすめの空調服

空調服は作業現場によって、長袖・半袖・ベスト・つなぎなどの種類を選びます。

高所作業の場合はフルハーネス対応型の空調服も開発されているので働く場所によって変えることができます。

空調服 半袖
高所でも快適に作業がしたい!そんな人にはフルハーネス対応の空調服がオススメ
安全くん
素材別にも空調服はありますので今回は素材別の空調服を紹介します

火を使う場合はポリエステル製だと溶けてしまいますし、暑い現場だと機密性が高いポリエステルやヘリボーン素材の方がいい場合があります。

綿100%の空調服

綿100%の空調服
おすすめポイント
  • 肌触り抜群
  • 火を使う現場でも安心してる変える
  • 綿100%シンプルで飽きのこないデザイン

\購入はこちらから/

ヘリボーン素材の空調服

ヘリボーン素材の空調服
おすすめポイント
  • 人気のヘリンボーンジャケットに電動ファン装備!
  • 風に包まれる!先進の爽快感を実感!
  • ユニセックスでおしゃれなデザイン

\購入はこちらから/

ポリエステル製の空調服

ポリエステル製の空調服
おすすめポイント
  • 肩パッド付きでハードな仕事に最適!
  • 素材:ポリエステル75% 綿25%
  • 空気がモレにくい高密度ブロード素材

\購入はこちらから/

チタン加工の空調服

チタンコーディングの空調服
おすすめポイント
  • チタンコーティングは赤外線・紫外線90%カット
  • フード付きでおしゃれ

\購入はこちらから/

自分の体は自分で守ることが肝心

自分の安全は自分で確保する

空調服は体温が上がりやすい現場での仕事に不可欠ですが、選び方を誤ると十分な効果が得られません。

自分の体を守ることができるのは最終的には自分自身なので、空調服の材質や正しい扱い方を学ぶことが重要です。

電池の補充頻度や空調服の衛生管理についても適切な方法を知ることで、気持ち良く仕事に従事することができるのです。

安全くん
各メーカーさんでバッテリーとファンは別売りしているので1シーズン終わったら点検をした方がいいですね
ファンベルデ

ファンベルデ
ファンベルデおすすめポイント
  • ファンとバッテリーで450gと軽量
  • いつもの作業着の後ろにつけるだけ
  • 弱運転なら10時間使える!
安全くん
ファンやバッテリーの付け替えもいらず、いつもの作業着が空調服になるのでおすすめです

\購入はこちらから/

空調服のおすすめメーカーと空調服の選び方【2021年最新】